百日祝いの飾り付けの方法や特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年06月11日

赤ちゃんが誕生してからは様々なイベントや行事があり忙しくなりますが、その中でも百日祝いは重要視している人が多いのではないでしょうか。最後百日目に行う儀式であり赤ちゃんの成長を祝い、今後食べるもので困ることがないようにという大切な儀式です。

近年では思い出として写真に残しておこうと考えるのは当然のことであり、少しでも可愛く残したいと思うのではないでしょうか。子供の衣装を可愛くするのはもちろんのこと、自宅で百日祝いを行う時には、部屋も可愛くしたいと考えるのではないでしょうか。

バルーンやペーパークラフト、マスキングテープや色紙など様々な方法で可愛くすることができ、お金をかけなくても素敵に彩ることは可能となっています。フォトスタジオで撮影するという方法もありますが、まだ生後ママない子供を連れてフォトスタジオに行くのはハードルが高く、不安という人が多いので自宅で飾り付けをしてお食い初めを行うべきと言えます。

スタイを使いゼロを作り、赤ちゃんを数字の一に見立てるなど百という文字を意識するというのも一つの手段です。お金をかけることで素敵に彩ることはもちろんできますが、お金をかけかなくても飾りつけることは可能となっています。

PAGETOP