和装から洋装まで対応できる高いスキル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月01日

フォトウェディングという言葉にあるように、結婚式を挙げずに写真だけで済ませるというカップルが増えてきています。そのため、写真館では自前でスタイリストを用意して、着付けからスタイリングまでを行っています。

そのような事情もあって、スタイリストは様々な場面で求められるようになっています。ヘアスタイルのスキルだけでなく、ドレスから和装の着付けまで幅広く行うことができるトータルビューティーのスキルを持つスタイリストが重宝されています。

フォトウェディングの相場が大体10万円前後となっていることから、その中でスタイリストと衣装代、それにカメラマンを捻出することが求められます。そうなると、スタイリストは一人で何役もこなすことが前提となるため、高いスキルを持ち合わせている人材が積極的に重用されることになります。

ヘアメイクは衣装によってかえる必要があるので、それに対応できるだけのスキルが求められます。着付けも一人でこなさなければならず、さらには衣装に合わせたメイクができるだけのスキルを持ち合わせていることが重要視されています。

このような社会的なニーズを背景に、美容専門学校ではオールマイティーに活躍できるスタイリストの育成に力を入れています。

PAGETOP